X
犬が吠える理由
2017/02/01

あなたが家を出るたびに、愛犬が吠え、ご近所さんに迷惑がかかるのではないかと心配したことはありませんか?

そのとき、犬が吠える理由について考えてみたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

吠えグセが悪化する前に、愛犬が吠える理由を突き止めて、彼らの悩みを解決してあげましょう。
以下では、犬が過度に吠える理由4つと、解決方法をご紹介いたします。

 

1. 分離不安

犬が何時間も一人ぼっちで家にいる時、犬たちは本当にストレスと不安を感じています。

あなたが子供だった頃、ママと一緒にいられないために保育所や幼稚園に行きたくなく、「行きたくない!」とダダをこねた経験はありませんか?

犬たちも同じで、あなたと離れることが不安だから吠えるのです。

では、どうしたら解決できるのでしょう?

犬たちはもちろん、飼い主の側にいることを望んでいます。

この場合、愛犬にあなたがいないくても自宅で安心して過ごせることを認識させる必要があります。日々、家を出る直前や帰宅直後に過度に愛犬にかまっていると、あなたの不在が緊急事態として愛犬に誤解されてしまいます。外出は特別なことではないと愛犬に伝えるには、あなた自身が過度に寂しがったり再会を喜ばないようにすることが大切です。

同時に愛犬が不安のストレスを溜めないよう、1日2回は散歩に行き、エネルギーを消費させることもおすすめです。愛犬のお留守番中の睡眠時間が多くなり、寂しさと向き合う時間を減らすことができます。

 

2. お留守番で退屈している

犬は生のほとんどを、自宅で私たちを待つ時間に費やしています。

多頭飼いなどで兄弟がいる場合は別ですが、多くの犬は遊び相手もおらず、お留守番という孤独で退屈な時間を過ごさねばならないのです。

そう考えると、私たちの外出を阻止し、引き返させるために大声で吠えてしまうのも無理はないように感じますよね。

お留守番中の退屈を解消するためには、精神的にも肉体的にも犬が満足できる環境を作ってあげることが大切です。 

例えば、パズルなどのおもちゃを定期的に与えてあげるのも一つの方法です。

また、家中にいくつかのおやつを隠しておくと、犬たちは”思いがけないギフト探し”に夢中になるでしょう。

お留守番中も愛犬を幸せに過ごせる方法を考えることが大切です。

 

3. 非常に責任感がある

犬たちの中には、彼らのテリトリーの近くで聞こえる騒音に対して非常に敏感な子がいます。

愛犬が郵便配達員と話す隣人の小さな声にすら吠えてしまったことはありませんか?この場合、愛犬は自分のテリトリーを守ろうと、彼らに忠告しているだけなのです。

こうしたワンちゃんは、あなたの外出中も「家を守らなければ」という責任感を持って行動しているはずです。

それって、とても愛すべきことですよね?

しかし、あまりに吠えることが多いとご近所さんが心配ですよね。

一緒に家にいるときに、愛犬が外のどんな音にも吠えることに気がついたら、まずは犬を止めましょう。

そして愛犬が私たちに耳を傾け、吠えるのを止めたら、おやつを与えて褒めてあげましょう。

あなたの愛犬は、この出来事を徐々に肯定的なものと認識していき、最終的には吠えることを止めるでしょう。家を守る戦士にも余裕が必要です!

 

4. 怖がっている

あなたの犬は雷雨、地震、または花火を怖がりますか?

愛犬が一人で家にいるときに、大きい音が突然聞こえた状況を想像してみてください。

彼らはあなたに助けを求めることはできないので、怖いものに対して吠えることしか解決策がないのです。

私たちだって怖い時は泣いてしまいますよね。ですから、愛犬が恐怖で吠えてしまう時も、その行為を非難しないであげてください。

解決策としては、犬が怖がる音を録音し、小さい音から徐々にボリュームを上げて聞かせる方法があります。そして、犬が怖がらずに吠えることがなければ、おやつを与えてください。

愛犬が雷鳴を恐れなくなるまでこれを繰り返すと良いでしょう。

しかし、決して無理はさせないでくださいね。

全ては愛犬の気持ちに従って試してあげてください。

 

いかがでしたでしょうか?

まずは、あなたの愛犬が吠える理由がどれなのかを明らかにし、それぞれの解決策を試してみてください。

とはいえ、犬にも犬それぞれの理由があるため、今回紹介した内容にとらわれず、愛犬としっかり向き合って問題を解決してあげてくださいね。

Furboメールマガジンに登録(無料)
Furboメールマガジンに登録(無料)