X
子犬はクレートに入れても大丈夫?
2018/06/26

子犬は、クレートの中でどのくらいの時間耐えられるのでしょうか?

新しくワンちゃんを迎えたり、迎える予定の方であれば、一度は懸念すべき問題かと思います。

仕事やちょっとした買い物をする際に、クレートの使用を避けられないことは多いですよね。

それでは一体どうすればいいのでしょう?

今回は子犬をクレートに入れてお留守番させる際の注意点をまとめてみました。

 

 

子犬をクレートに入れておけるのはどのくらい?

この質問に対する答えは様々な要素によって変わりますが、考慮すべき最大のポイントは「月齢」です。

まずは、あなたのワンちゃんが生後何ヶ月であるかを基準にしましょう。 

例えば、生後5ヶ月の子犬の場合、クレートに入れて置ける時間は4時間から最大6時間までです。

生後4ヶ月のワンちゃんであれば3時間から5時間までを目安とした方が良いでしょう。

成犬を含め、どのワンちゃん9時間以上クレートに入れて置くべきではありません。

まだトレーニング中のワンちゃんであれば、尚更休憩が頻繁に必要ですし、更に生後6ヶ月以下の子犬は日中にトイレ休憩を取る必要もあります。


 


クレートにわんちゃんを入れておく際の注意点

ワンちゃんを日中クレートに長時間入れておくと、分離不安を引き起こす恐れがあり、それがクレート内での事故に繋がる事もあります。

また、排泄を過度に我慢させると、尿路感染症を引き起こしてしまう場合もあります。

逆に、ワンちゃんがクレート内で排泄する癖が付いてしまっても、後々しつけで苦労することになるでしょう。

そして、子犬をクレートに入れておく際に注意すべきことは、ワンちゃんの月齢だけではありません。

愛犬の気性、治療歴、健康状態、性格やその他様々な要素を考慮する必要があります。

例えば、犬種によってはひとりぼっちになるのが特に嫌いで、より多くの注目を浴びていたいワンちゃんが居ます。 

また、健康状態によってはトイレに行く頻度が多くなる事もありますし、そういった場合は本格的にペットシッターの雇用を検討する必要も出てくるでしょう。

なお、小さいワンちゃんであるほど膀胱も小さいので、トイレ休憩もそれだけ頻繁に必要であるという事になります。

 

 

クレートトレーニングのヒント

クレートトレーニングをする際に重要なことは、クレートが彼らにとって安全な場所であると教えてあげるということです。

また、ワンちゃんが自ら進んでクレートで過ごしたくなる状況を作り出すことも大切です。

以上2点を意識した上でトレーニングを行い、あなたの居ない時も愛犬が安心してクレート内に居られるようにしてあげましょう!

 

まず、いきなりトレーニングをするのではなく、徐々にクレートを使う頻度を増やし、クレートに慣れさせましょう。

心地の良いブランケットを中に敷いて、リラックスできる雰囲気を作ってあげるのが良いでしょう。

ワンちゃんがクレートに居る時は、なるべく構わずにそっとしてあげ、時々おやつをあげたりする事で、この小さなスペースを彼らの楽しい秘密基地のような場所にしてあげてくださいね。

 

クレートを使っていたとしても、愛犬の様子は気になるものです。

Furboドッグカメラは、2−Wayオーディオを起用しているため、あなたがどこに居てもわんちゃんに話かけたり、愛犬の声を聞くことができます。

更に、暗視モード付きHDカメラで愛犬の様子をいつでも鮮明な映像で確認できるだけでなく、て愛犬におやつをあげることも可能です。

クレート内でお留守番中の愛犬に、Furboでおやつを飛ばしたり、あなたの声を聞かせてあげることで、寂しさや退屈を紛らわせてあげてくださいね。

 

Furboメールマガジンに登録(無料)
Furboメールマガジンに登録(無料)